忍者ブログ
ほとんどゴルフ日記

ほとんどゴルフ日記

大好きなゴルフのことを中心に書いています。たまに別の事も。お読み頂いてありがとう御座います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その1 はこちら
春休み、最後の土日ということでディズニーシーへ。
ディズニーは色々な意味で本当にすごい。
何回かに分けてディズニーのすごいところ書いていこうと思う。
----------------------------------------------------------------------------

最初のファーストパス時間が来た、センターオブディアースへ、14時10分。

そう今日初めてアトラクションである。

センターオブディアースって乗ってるのは3分位だけど実質盛り上がるのはスピードが上がって急坂を登り、一気に落ちる10秒程度、朝9:00から14:30で10秒、それを「?」と思わせないところがすごい。

 インディージョーンズへ。180分待ちの表示。(正確に言えば待ち時間のメータを振り切っているので、掛かりのお姉さんが180分待ちですと言っていた。) 妻も子供も並ぶ気満々である。「本当?180分だよ。」とは思っても口には出せずすごすごと並ぶ。
 ところで待ち行列とは言ってもディズニーの場合、待ちで長い行列を作ることが前提となって設計されている。壁や通路はそのアトラクションに合わせて雰囲気盛り上げるよう実に巧みに作られており、体感時間はそれ程でもない。
 わざわざそういう風に設計されているという意識のない人は気付かず(気付かないふりをして?)ある意味楽しんで時間を過ごす。インディジョーンズの場合はフルに並んで3時間分ぐらい、人気のそれ程ないアトラクションでも2時間分ぐらいのスペースが確保されているようだ。人を大勢入場させてもそれらの待ち行列に吸収させてしまえばそれ程目立たない。さすがにフルフルに入っていることはないと思うが、うまく出来ている。

ちょっと試算してみよう。
1アトラクションで1分間に10人(ファーストパスの人を除く)掃けるとする。すると1時間で600人になる。
人気のアトラクションは2時間待ちで8種類、その他は1時間で15種類程度とすると600×2×8+600×15=18600人。約2万人もの人間が乗り物にも乗るでも買い物をするでも、場内を歩き回るでもなく、いないも同然にしておくことができるのである。割引等もあるので一人の入場料を¥4,000-とすると4,000×20,000=8千万。まさにディズニーマジック。すごい。

 思ったよりも順調に進み、2時間弱で乗れた。「ディズニーって待ち時間は多めに表示するらしいよ」と妻、まぁそれはディズニーに限らずこの手の物にはどこでも使われる手段だか、「1時間ぐらい得したね。」と2時間待っても1時間得したことになってしまう、すごい。

 次のFPまで2時間以上、さすがに疲れたのか、どこかに並ぶとは言い出さない。で、おみあげを買いに入り口付近に移動。B型の妻と娘は自分が見たいところにどんどん行ってしまう。妻は息子に任せて娘の後を付いていく。が、途中で疲れて外に出る。子供たちが小さい頃は目を離すわけにいかないので、気が抜けなかったが携帯を持たせるようになってからは目を離してもすぐ連絡が取れる。ずいぶん楽になったものだ。

つづく
   前へ    <<< ディズニーシー >>>    次へ


ディズニーシーへの扉はここをクリック

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク


ランキング参加中
応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村  
プロフィール
HN:
山本です。
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1962/09/19
職業:
IT関連
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
IT関連の会社を2010年4月に作りました。これを機会にブログを始めてみます。
最新コメント
[12/30 ひめこ]
[10/09 山本]
[10/02 ひめこ]
[10/01 山本]
[10/01 うさぎ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
P R
忍者アド
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © ほとんどゴルフ日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]