忍者ブログ
ほとんどゴルフ日記

ほとんどゴルフ日記

大好きなゴルフのことを中心に書いています。たまに別の事も。お読み頂いてありがとう御座います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回、パターマットに細工をした話を書いた。

実際は大したことはしていない。

10cm毎に横のラインを引いたのと、縦30cm毎に横のライン上に5cm間隔で目印の点を付けた。

練習は距離を決めたライン上にぴったり止めるようにしている。
例えば120cm打つ時は90cmの点も意識しながら打っている。90cmが仮想のカップだ。パットは30~40cmオーバーする強さで打った時が一番入ると言うので、それを想定して打っている。

やってみると結構難しい。何発も打っていればまぐれライン上に止ることもあるが、そうそうピッタリは来ない。パターマットでこれだと本グリーンでそう簡単に行かないのが良くわかる。

打ち方も変えた。
永井延宏プロが書いた「ショートゲーム超攻略法」という本を参考にしている。最近は結構雑誌等に登場する、「理論派」と言われるプロだ。

永井流のパットは「左右の入れ替え」。スイング中頭とクラブヘッドが入れ替わる。

簡単に言うとテークバックではクラブヘッドが右に動く分、頭は左に動く。逆にフォローではクラブヘッドが右、頭は左だ。一般的なセオリーでは頭は不動。セオリーとは反対だ。

セオリーと違うところはまだある。クラブヘッドの開閉を使って打って行く。一般的にはクラブヘッドなるべくストレートに動かすのがセオリーだ。

打ち方はクラブ、手、腕、肘、上腕、肩、脇をがっちり固めて、体幹部の動きだけで打って行く。まだ、習得できていないが、精度は高くなると思う。自分の場合、昔から右手の感覚を入れることが多かった。若い時はそれでも「感じ」を出せていたが、最近は「感じ」が出ることもあるが、意思に反しておかしな動きをすることが多い。
この打ち方だと固めた中で「感じ」を出せるので、誤差は小さくなるように思う。

頭を動かすことについて言うと、頭を動かさない時に比べて動きがスムースになるように思う。自分の頭がクラブヘッドの重量を吸収してくれるので、動かし易い。ただ、頭に動きがある分、インパクトがずれる時がある。パターとは言えほんの少しだが、シャフトがしなる。そのしなりに合わせてスイングしないといけないのである。

だから、短い距離でも「打った」感触がある。これがいいと思う。自分の場合ショートパットのミスで多いのが、テークバックを大きく取り過ぎて「そろっ」と打ってしまう時。逆に「そろっ」と打とうとして、思わずヘッドが走り、大オーバーもある。

この入れ替える動きはパターだけでなく全ショット共通の動きになる。フルショットになると入れ替えは左右だけでなく、前後・上下の方向でも行われる。これは複雑なので全然うまく行っていない。
もう少し、パターで感触を掴んでからトライしてみようと思っている。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

パットの理論って色々ですね。
ヘッドの開閉はよく聞きます。
確か、タイガーもパットの軌道は線でなく孤だとか…

うさぎはそれ以前に、まっすぐ引いたつもりでも、グニョンってまがったりするのを
まずなんとかしなきゃなりません。
低く引いて、低く出すとかいろいろ掛け声かけているんですけど…あぁむずかしっ。
うさぎ URL 2010/12/02(Thu)18:10:15 編集

無題

頭・・・頭・・・・
パットでもショットでも
もうずーーーっと
師匠に言われてることなんですけど・・・・

頭を動かす
それって視線って言うか視野のことなのかしら?
イヤーン
これこれからもずっと課題???
難しいです~山本サンなんとか結論をお願いしますぅ~!!!
ひめこ URL 2010/12/02(Thu)20:40:47 編集

無題

やまもとさんへ
僕は難しいことは解りませんが、ぼくも450センチぐらいのオーバーするくらいを考えてパターをします。短いのは許せません。でも時々2メーター以上オーバーすることもありますが、ショートするよりも良いと思っています。練習のマットーだと簡単ですが、本当のグリーンはむずかしいですね。
さんた 2010/12/02(Thu)22:16:57 編集

迷宮に・・・

頭動かすんですね~!!!
むむむ難しいっ んん~っ

しししかもパターもしなるんですね!!!
鏡の前でやってみましたけどぉ
無理です・・・
今度ご一緒する時 教えてくださいね
ぽよこ 2010/12/03(Fri)00:10:39 編集

うさぎさんへ

真直ぐ引くと言うのも永井理論ではパターヘッドではなくて、
重心点を真直ぐ動かすって言うんです。

後はロフトなりに(パターなので3~4度)球をキャリーさせろ、
とも言うです。

結構ユニークな理論なので中々面白いですよ。

今度また書きますね。

山本 2010/12/03(Fri)12:21:02 編集

ひめこさんへ

ちょっと誤解を生むような書き方になってしまいましたが、
正確に言うと頭を動かすというより傾けると言った方がいいかもしれないです。
視線ではなく、頭が傾くように動くんです。

万人向きの理論かどうかは正直判りません(^^;

その内また書きますね。
山本 2010/12/03(Fri)12:23:29 編集

さんたくんへ

その通り、まずはオーバーに打つことが大事だね。

と言ってもオーバーし過ぎちゃうと、それも入らない。

では、どれくらいオーバーするのがいいかと言うと
色々な人が実験して30~40cm(45cmでも、もちろんOK)位が一番入るんだって。

練習用のマットでカップを狙って入っちゃうと、本当はどこまでオーバーしたかわからないでしょ。
だから、マットに目印を付けて、例えば90cmのところにカップがあるつもりで120cm打つ練習をしてるだ。

これが結構むずかしいんだよ(笑)
山本 2010/12/03(Fri)12:24:37 編集

ぽよこさんへ

ひめこさんのところにも書きましたが、動くと言うか傾くんです。

パターでもしなります。

ちょっと大きめにテークバックしてパンチショットのように
インパクト直前で手をピタッと止めてみると
しなりが感じられると思いますよ。
(かなり筋力が要りますが)

今度また書きますね。
山本 2010/12/03(Fri)12:25:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク


ランキング参加中
応援宜しくお願い致します

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村  
プロフィール
HN:
山本です。
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/09/19
職業:
IT関連
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
IT関連の会社を2010年4月に作りました。これを機会にブログを始めてみます。
最新コメント
[12/30 ひめこ]
[10/09 山本]
[10/02 ひめこ]
[10/01 山本]
[10/01 うさぎ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
P R
忍者アド
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © ほとんどゴルフ日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]